ブルーベリーの食べ過ぎとアレルギー

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブルーベリーを食べ過ぎるとどうなる?
アレルギーになってしまった場合は?

ブルーベリーの食べ過ぎには要注意?
どんなリスクがある?

どんなものでも「食べ過ぎはいけない」と言われますが、これはなぜでしょう?
食べ過ぎのリスクの一つは、「消化不良」を起こすという点です。
胃酸の分泌が少ない人が食べ過ぎると、下痢や腹痛を起こしてしまいます。

ブルーベリーを食べ過ぎると、どのようなリスクがあるのでしょうか?

もちろん「消化不良」というリスクもありますが、ブルーベリーの食べ過ぎはアレルギーを引き起こす場合もあるのです。
ここでは、食べ過ぎの危険性やブルーベリーによるアレルギーを解説します。

スポンサーリンク

誰しもが起きやすい食べ過ぎによる弊害とは?


果汁を多く含むものを食べ過ぎると、お腹を冷やしてしまい腹痛が起きる事があります。

ブルーベリーは小粒なので、気付かないうちに沢山食べてしまうこともあります。
お腹を冷やして腹痛が起きてしまった場合は、薬では回復しません。
腹部を温めて、安静にするのがいいでしょう。

また、ブルーベリーの栄養の取り過ぎにも危険が潜んでいます。

食べ過ぎると、「あの栄養」が健康被害を起こします。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、眼精疲労の改善や抗酸化作用が期待できる栄養素です。
しかし、アントシアニンを多量に摂取すると身体を壊してしまう危険性があります。

アントシアニンは消化しにくい栄養素なので多量摂取すると、
  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
などを引き起こすのです。

また、胃の中身が空っぽの状態でブルーベリーを食べ過ぎるのはさらに危険です。
これはなぜでしょうか?

スポンサーリンク

空腹の中での食べ過ぎはかなり危険!
アレルギー症状も?

食事をした後の胃は飲み物や食べ物によって粘膜が張られているので、刺激物に耐性があります。

しかし、空の状態の胃はとても敏感で、ちょっとした刺激にも拒否反応を起こしてしまいます。
この拒否反応が軽症の場合は、下痢や腹痛で済むのですが、強い拒否反応が出た場合は発疹めまいなどを起こしてしまいます。

これが食物によるアレルギー症状です。
万が一アレルギーの症状が出た時は、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

生より冷凍が危険?
どんな理由があるのでしょうか?

冷凍ブルーベリーの食べ過ぎは、生のブルーベリーよりもリスクが高くなります。
これは、冷凍ブルーべリーの方がアントシアニンを多く含有しているからです。

また、冒頭で紹介したように冷えたものを食べ過ぎると、お腹を冷やしてしまうからです。
この他にもスムージーやジュース、シロップ漬けなど、一度に多くの量を食べられるブルーベリーの加工品には十分気をつけてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加