ブルーベリーの美味しい食べ方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブルーベリーの食べ方
生でそのまま食べる以外にどんな食べ方がある?

ブルーベリーはどんな食べ方があるのでしょうか?
生のブルーベリーはどのような食べ方をしますか?
そのまま食べても美味しく食べれるのですが、生のブルーベリーは色々な食べ方があるんです!

ほんの少し食べ方を変えるだけでも、味が全然変わります。
普段そのままブルーベリーを食べている人にチェックして欲しい記事です!

スポンサーリンク

美味しく食べれるのはいつまで?


ブルーベリーの食べ方は、人によって様々です。
生のブルーベリーは、そのまま食べる人も多いと思います。

しかし、生のブルーベリーが美味しいのは収穫されてすぐのものです。
一度収穫されると鮮度がどんどん落ちてしまうので、時間の経った生のブルーベリーはあまりおすすめできません。
それでは、生のブルーベリーはどのような食べ方がいいのでしょうか?

そのまま食べるのが苦手な人は、どのように食べればいいのでしょうか?

そのまま食べる人にとっては、少し面倒に感じるかもしれませんが、ブルーベリーの皮を剥いた食べ方もあります。
これは皮の「苦味」や「固さ」が気になる人の食べ方です。

しかし、もっと気になる人は、ブルーベリーの「種」だって気になります。
種が気になる場合は、生のブルーベリーをミキサーに掛けて、ジュースやスムージーにするのがおすすめです。

スポンサーリンク

ジャムに似ているけど、ちょっと違う?
コンポートとは。

生のブルーベリーは弾力があるので、この食感が苦手な人はコンポートにして食べてみましょう。
コンポートは、果実を砂糖水などで煮るヨーロッパの料理なのですが、電子レンジでも簡単に作れます。

耐熱容器に
  • ブルーベリー
  • 砂糖
  • ラム酒
  • レモン汁
を入れて、レンジで5分ほど温めれば完成です。

ジャムとは、違い果実の形がはっきり残ってるので、素材そのものの味を楽しむ事ができます。

ベーグルや菓子パンに入っているブルーベリーの作り方を紹介します。

缶詰に入っているような甘いブルーベリーが食べたいという人には、ブルーベリーのシロップ漬けがおすすめです。

ブルーベリーのシロップ漬け

材料

  • ブルーベリー...200g
  • 砂糖水...500cc
  • ブランデー...100cc
  • レモン汁...少々

作り方

  1. 煮沸消毒した保存瓶に、水洗いしたブルーベリーを入れます。
  2. 鍋に砂糖水、ブランデー、レモン汁をいれて沸騰させます。
  3. 余熱が取れたら、鍋の中身を保存瓶に入れて完成です。

10日ほど寝かせるとブルーベリーとシロップが馴染んで美味しくなります。
シロップ漬けにしたブルーベリーはベーグルやヨーグルトに付けても、美味しく食べる事が出来ます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加