ブルーベリーの育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブルーベリーの育て方
鉢植え・地植え・プランター、どの育て方が良い?

育てたい環境は?
ブルーベリーってどうやって育てるの?

植物を育てる時に迷うのが植える場所ですよね。
植木が大きい場合は地植えがいいですし、中くらいの植木なら鉢植えがいいですし、小さいサイズの植木ならプランターでも育てられます。

ブルーベリーの育て方は鉢植え・地植え・プランターどれがいいでしょうか?
植える場所や基本的な育て方を合わせて解説します。

スポンサーリンク

品種によって育て方は変わるの?
ブルーベリーを無事に育てるには?


ブルーベリーは、幹が太い苗木から、細い苗木まで品種がたくさんあります。
また、種類によって生育温度が変わったりするので、苗木を買う時はチェックしてみましょう。
どの品種も、基本的に育て方は変わりません。

しかし、育てる「環境」に注意しないと果実がなる前に枯れる事もあるんです。
まずは、プランターや鉢の選択から解説します。

露地栽培で気をつける事とは何でしょうか?

ブルーベリーは地植え、鉢植え、プランターのどれでも栽培する事ができますが、鉢植えかプランターを選ぶ場合は、最低二株は植えられる大きさのものを買いましょう。
ブルーベリーは、二株植えないと、実をつけない事があるのです。

また、育て方で気をつけたいのは、「土作り」です。
ブルーベリーは、土壌が悪かったり、根元に雑草などがあると上手く育ちません。
地植えの場合、これらの危険が多いので特に注意しましょう。

スポンサーリンク

室内・ベランダでの育て方は?
鉢やプランターの土作り。

室内やベランダで育てる場合は、プランターや鉢を使いますよね。
プランターや鉢の深さは、20cm以上のものを選びましょう。

その場合の土つくりなのですが、まず、鉢底石を敷き詰めて、培養土を鉢の3分の1入れましょう。
その上に肥料を一掴み入れて、さらに土を入れ、苗木を植えてください。

日当たりや、風除け?
育て方で気をつける事とは?

ほとんどの植物の育て方に共通するのですが、ブルーベリーも日光を好みます。
ですので、日当たりの良い所を選んで苗を植えましょう。

例外的に、「ハイブッシュ系」という品種のブルーベリーは暑さに弱いので、陽があたりすぎる場所に植えるのは避けましょう。

また、ブルーベリーの果実や花は風に弱く、強風の時などは、すぐに枝から取れてしまいます。
ベランダなどで育てている場合は室内にいれたり、露地栽培の場合は風除けを設置するなど工夫が必要です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加