ブルーベリーを栽培するなら

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ブルーベリーの栽培方法
栽培するのにおすすめの品種は?

ブルーベリーの栽培方法の要点とは?
また、おすすめの品種なども解説します。

ブルーベリーを栽培する環境が整ったら、後は「追肥」や「水やり」、「剪定」ですくすく育ちます。
しかし、ブルーベリーの栽培は、冒頭で挙げた「環境」を整えるのがとても重要です。
まずは、品種選び!
しかも「同品種、他種類2株」を選ばなくてはいけません。
これには、何か理由があるのでしょうか?

また、おすすめの品種も紹介していきます。
ここでは、ブルーベリーの栽培方法の「要点」を解説します。

スポンサーリンク

他家受粉ってなに?
ブルーベリーを結実させるには?


ブルーベリーの栽培をする前に「他家受粉」という栽培方法を覚えておきましょう。
他家受粉とは違った種類のブルーベリーを隣接して育て、受粉させるという栽培です。

なぜ、このような事をしなければいけないのかというと、ブルーベリーは受粉の際、同じ種類からの花粉では、結実しにくいという特徴を持っています。
逆に他種類の花粉を受粉すると大きい実が育ち、収穫量も上がります。

どのような種類を掛け合わせるのがいいのでしょうか?
また、苗木一本で結実した実はどのような味になるのでしょうか?

実を甘くするには?
他家受粉と自家受粉の違い。

他家受粉とは逆の「自家受粉」という栽培方法があります。
これは、ブルーベリーの品種一本で受粉を行い、結実させるという栽培方法です。

しかし、果実を大きくしたり甘くする場合は、やはり「他家受粉」がおすすめです。
他家受粉の際に気をつける事は、開花時期が一緒の種類のブルーベリーを選びましょう。

スポンサーリンク

他家受粉させる前に三つの品種を知りましょう!
おすすめの品種は?

ブルーベリーの品種は、大きく分けて三種類あります。

まず、寒冷地に適したハイブッシュ系。
次に、温暖地に適したラビットアイ系。

初心者におすすめの品種は、サザンハイブッシュ系と呼ばれるブルーベリーです。

サザンハイブッシュ系は、温暖地・寒冷地どちらでも育てる事が出来ます。
サザンハイブッシュ系は、「ブルーリッジ」と「マグノリア」の掛け合わせがおすすめです。


栽培の基本、水やりと追肥目安は?
収穫までどのくらい?

ブルーベリーの苗選びが終わったら、水やりを行いましょう。
ブルーベリーの植え付けは、春前がいいと言われています。
春頃は一日一回、温度が高くなってきたら一日二回、寒い時期は土が乾燥したのを見計らって水やりを行いましょう。

また、追肥は春過ぎに一回、夏前半に一回くらいを目安に行いましょう。
ブルーベリーは、栽培開始から約4ヶ月ほどで収穫する事ができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加