ブルーベリーを保存する

このエントリーをはてなブックマークに追加   
ブルーベリーの保存期間と保存方法について
ブルーベリーの正しい保存法。
保存期間は環境しだい!?

ブルーベリーは、収穫期を迎えると一つの木に多くの果実を付けます。
木によっては、1日じゃ食べきれないほどの量になるそうです。
この持て余したブルーベリーは、どのような保存方法があるのでしょうか?
また、保存期間はどのくらいなのでしょうか?

ブルーベリーの保存に適した環境は、「常温」「冷蔵」「冷凍」、どれが一番いいのかも解説していきます。
保存方法を覚えていつでも新鮮なブルーベリーを食べましょう!

スポンサーリンク

保存に適している場所、適さない場所。


ブルーベリーは、暑さに大変弱い果物です。
夏場に常温保存すると1日ほどで傷んでしまいます。

また、ブルーベリーは収穫されるとすぐに鮮度が落ちるので、すぐに適した環境で保存しなければなりません。

ブルーベリーの鮮度を一番保てる環境は冷蔵庫です。

冷蔵保存をする時に気をつける事は何でしょうか?
また、ブルーベリーは冷凍庫でも保存する事が出来るのでしょうか?

冷蔵方法とは?
またその期限も紹介!

ブルーベリーを冷蔵庫で保存する場合は、冷気による湿気や水分に気をつけましょう。
袋に入れるのもいいのですが、ブルーベリーは潰れやすいので、タッパーなどに入れるのをおすすめします。

冷蔵庫で保存したブルーベリーの保存期間は、約一週間です。
一週間じゃ食べきれないという場合は、冷凍保存にしましょう。

冷凍保存は正しい方法で行うと、かなり長い期間保存する事が出来ます。

スポンサーリンク

驚くべき冷凍保存の期間とは?

とても一週間じゃ食べきれないブルーベリーは、冷凍保存しましょう。

冷凍保存する場合は、水洗いをし、水分をよく拭きとってから保存しましょう。
保存容器は、タッパーや真空パックのできる袋がいいでしょう。

ブルーベリーは、冷凍すると半年ほど日持ちします。
鮮度は若干落ちますが、ブルーベリージャムなどに使用するのであれば問題なく使えます。
冷凍保存したブルーベリーは、どのように解凍すればいいのでしょうか?

冷凍保存したブルーベリーの使い方を解説します!

冷凍保存したブルーベリーを常温で解凍すると、水分でべちゃべちゃになってしまいます。
これを避けるには、冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍しましょう。

解凍に掛かる時間は、およそ半日程度です。

また、
  • ジャム
  • スムージー
  • シロップ漬け
にする場合は、調理過程で解凍しましょう。

一度解凍したブルーベリーは品質がかなり低下するので、再冷凍は避けてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加